レビスマで即勃起!

レビスマの通販購入方法について解説します。

レビスマの通販について

日本ではED治療薬が処方箋医薬品に指定されているので、手に入れるためには医師が出す処方箋を持った状態で医療機関から処方してもらわなければいけません。

そのため、身近な薬局やそのほかの店舗で購入することは不可能です。

では、ED治療を行う医療機関に行けばレビスマを処方してもらえるのかというと、残念ながらそういうわけでもありません。

日本は欧米諸国に比べてジェネリック医薬品が一般化していません。そのため、国内で認可を受けていないジェネリック医薬品は多く、そういった医薬品は医療機関に足を運んだとしても処方してもらうことができないのです。

しかし、だからといってレビスマの購入を諦める必要はありません。

現在は医薬品を専門的に取り扱っている通販サービス「個人輸入代行サービス」を利用して、幅広い種類の医薬品を簡

単にネット購入することができます。

もちろんレビスマも例外ではなく、個人輸入代行サービスを利用して購入することが可能です。

レビスマの通販はコチラ

通販購入方法

本来なら国内で流通していないはずのレビスマを国内で購入できる個人輸入代行サービスについて、その名前くらいは聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。注目度を年々増しているので、すでに利用した経験がある方もいるかもしれません。

その一方で、名前すら耳にしたことがない方も多いのではないかと思います。

そんな方のために、個人輸入代行サービスについて説明していきたいと思います。

そもそもの話として、処方箋医薬品であるED治療薬、ましてや日本国内で認可を受けていないジェネリック医薬品をネット注文できるのかという疑問が浮かび上がるのではないでしょうか。

結論から言えば、個人輸入代行サービスを利用した医薬品のネット購入は、合法的に許可されている行為です。

ED治療薬が処方箋医薬品に指定されているのはあくまでも日本国内での話であり、海外諸国で販売されているED治療薬にはそのルールが適用されません。つまり、海外でならED治療薬を簡単に購入することができます。

ただ、ED治療薬ひとつを購入するためだけに飛行機を予約する、というわけにもいかないでしょう。

そんなとき、国内にいながら海外の医薬品を手にする方法として有効なのが「輸入」です。輸入なら、日本を出ることなく海外で売られている医薬品を購入することができます。

日本の薬事法では、購入した本人が使用する目的であれば、海外から医薬品を輸入することが許されています。「医薬品を輸入する」とだけ聞けばなんだか危険なニオイがしますが、違法行為ではないので安心してください。

つまり個人輸入代行サービスとは、海外から輸入して取り寄せた医薬品のみを販売する通販サービスといえます。

輸入の際に本来必要な手続きはすべて、個人輸入代行業者が引き受けてくれるので、私たちが特別な手続きをすることはありません。一般的な通販サービスを利用するのと同じ感覚で、気軽に欲しい医薬品を注文できます。

個人輸入代行サービスを使って医薬品を注文するためには、まず個人輸入代行サイトにアクセスする必要があります。

するとふだんよく利用しているであろう通販サイトと同じように、ページ内に数えきれないほどの医薬品紹介ページを確認することができます。

あとはそのなかから購入したい医薬品のページに移動し、注文個数や注文するために必要な個人情報を入力したうえで注文内容を確定させるだけです。

注文手続きを進めている間は適宜案内が表示されることがほとんどなので、ネットショッピングを利用したことがない方も詰まることなくスムーズに注文できるのではないでしょうか。

レビスマの通販はコチラ

価格について

何を購入するにしても、気になるポイントのひとつといえるのが「価格」でしょう。

特にED治療薬は効果を発現する時間が決まっているので、1回服用したからといってそれだけでEDを完璧に克服できるわけではありません。

そのため、性行為に及ぶたびに服用する必要があり、自然と購入する数や回数は多くなります。となれば、なるべく安い価格で売られているものを買う購入したいと考える方が多いのではないでしょうか。

では、気になるレビスマの価格ですが、1錠あたり300円ほどで購入できることがほとんどです。

新薬であるレビトラの価格が1錠あたり1,500円前後で販売されていることを考えると、レビスマがいかに安く売られているかがわかると思います。

ジェネリック医薬品は新薬を元にして開発が進められていくので、新薬開発に比べるとそのコストが大幅に削減されています。その結果、販売価格を下げても赤字になることがなく、ここまでの低価格を可能にしているのです。決して品質が悪いという理由ではないので安心してください。

レビスマの通販はコチラ

通販購入のメリット

サプリメントならまだしも、医薬品をネット購入した経験がある方はあまりいないのではないかと思います。

そのためいまいちイメージが浮かばず、「わざわざ医薬品を慣れない方法で購入するメリットはあるの?」と疑問を抱く方もいるのではないでしょうか。

通販サービスを利用して医薬品を購入するメリットとして、第一に上でも述べた“価格の安さ”が挙げられます。特にジェネリック医薬品であるレビスマを購入するとなれば、なおさらこの点が大きなメリットとして感じられるはずです。

レビスマの価格はレビトラの約1/5。医療機関ではレビトラを処方してもらうしかありませんが、通販サービスを利用すればこれほど安いレビスマを簡単に購入することができます。また、1回の購入で済むならまだしも、ED治療薬はその都度購入しなければいけないことを考えると、総合的に支払う費用にも大きな差が生まれます。

では、仮にレビスマでなくレビトラを購入する場合なら、医療機関から処方してもらっても通販サービスを利用しても価格は変わらないのかというと、そういうわけではありません。

医療機関で医薬品を処方してもらうためには、まず診察や検査などを受ける必要があります。そのため、処方代以外にも診察費を支払わなければいけません。

それに比べて通販サービスを利用した購入なら、薬価を支払うだけで医薬品を購入できます。

また、ED治療薬は保険適用外なので処方代を全額負担することになりますが、通販サービスにはお得な割引キャンペーンがあるので安く購入することも可能です。

このように、通販サービスを利用して医薬品を購入すれば、治療するために必要な出費を大幅に節約することができます。

また、好きなタイミングで購入できるのも、通販サービスだからこそのメリットといえます。

医療機関は診療時間が決まっており、基本的にはその時間内でしか診察を受けることができません。そのため、朝から晩までお仕事をしている方は、なかなか診療時間内に通院できないことも少なくありません。

それに比べて通販サービスは365日24時間、いつでも利用できます。そのうえ、注文にかかる時間も数分なので、どれだけ忙しい方でもちょっとした空き時間にサッと注文しておくことが可能。配送についても自分の都合がいい日時を指定できることがほとんどなので、商品の受け取りもスムーズに行えるでしょう。

そのほか、自分が欲しい、使いたいと思う医薬品を自由に注文・購入できる点も便利なポイント。

医療機関で医薬品を処方してもらう場合は、医師が指定する医薬品を処方してもらうしかありません。

しかし通販サービスを利用すれば、友人から勧められたもの、口コミやレビューで評価が高かったものなどを自由に選択して注文できます。

このように、通販サービスを利用すれば、医薬品の購入がこれまでに比べてぐんと手軽で簡単なものになるのです。

レビスマの通販はコチラ

通販購入の注意点

これまで以上に医薬品の購入をより簡単なものにしてくれる通販サービスですが、デメリットがまったくないわけではありません。

たとえば、上でメリットとして挙げた「自分で好きな医薬品を注文できる」という点も、裏を返せば「自分で適切なものを判断して購入しなければいけない」というデメリットになります。

医薬品は病気・症状に対して優れた効果を発揮しますが、ひとつ扱いを間違えれば身体に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。軽度の頭痛や吐き気が起こる程度ならまだ我慢できるかもしれませんが、場合によっては命に危険を及ぼすほどの重篤な病気・症状を招くことも……。

このような最悪の事態を回避するためには、自分の病気や症状をきちんと理解したうえで適切な治療薬をリサーチする必要があります。

また、適切な治療薬を選択するだけではなく、それを正しく扱えるかどうかも重要です。誤った方法で服用してしまうと医薬品本来の効果が発揮されない可能性があるほか、危険な副作用を引き起こすリスクが高まります。

また、仮に購入する医薬品を間違えたり誤った方法で服用したことによって副作用が生じたりしても、すべて自己責任である点も注意しなければいけません。

そのほか、その日のうちに医薬品を入手できない点もデメリットといえます。

医療機関で処方してもらう場合なら、診察や検査、治療をしてもらったり治療薬を処方してもらったりといったことを、その日のうちに済ますことができます。

しかし、ネット上で注文する場合は、どうしても手元に届くまでに時間がかかってしまいます。

そのうえ、医薬品のネット購入は個人輸入代行サービスによる海外からの取り寄せなので、日常的に利用している国内の通販サービスとは違います。国内からの取り寄せなら1~3日ほどで商品が届きますが、海外からの取り寄せとなると2週間近くかかることもあります。急を要する場合には不向きな購入方法といえるでしょう。

レビスマはAmazonでは買えない

今や通販サービスの利用が一般化していることから、少し検索すれば数多くの通販サイトを見つけることができます。

そのなかでも特に認知度が高く、多くの人が愛用するのが「Amazon」でしょう。

幅広いジャンルをおさえた豊富な品揃え、対応スピードの早さ、充実したお得なキャンペーンなど、さまざまな点で支持されています。

しかし、いくら高い人気と実績を誇るAmazonでも、レビスマをはじめとする医薬品の販売は行っていません。

医薬品をネット購入したい場合は、個人輸入代行サイトをチェックするようにしましょう。

まとめ

このように、レビスマは個人輸入代行サービスという医薬品専門の通販サービスを利用することで、いつでも手軽に購入できます。

個人輸入代行サービスはスマホからでも利用できるので、外出中であっても気軽に医薬品を注文できるのも便利です。

ただし、個人輸入代行サービスを使って医薬品の購入はすべて自己責任になるので、厄介なトラブルを招かないよう、病気や医薬品に関する事前の情報収集は必須といえるでしょう。

レビスマの通販はコチラ