レビスマで即勃起!

レビスマの副作用について解説します。

レビスマの副作用

すべての医薬品は、それに含まれる成分によってそれぞれに適した症状を緩和します。

こうした開発当初から想定していた本来の効果を「主作用」といい、当然私たちにとってはプラスの効果を発揮します。

その一方で、含有成分によって人体に予期せぬ効果を発揮することもあり、これを「副作用」といいます。

医薬品はいずれも強力な効果を持つ成分を含んでいるので、副作用が生じることは仕方のないこと。しかし、副作用として現れる症状のほとんどは、人体に悪影響を及ぼすという点が厄介です。

レビスマも例外ではなく、服用することによって副作用を引き起こす可能性があります。

主な副作用として挙げられるのが、「顔のほてり」「鼻づまり」「頭痛」「動悸」などです。

ただ、基本的にこれらの副作用は軽症で済むことがほとんどなので、発症したとしてもそう心配する必要はないでしょう。

むしろ、これらの副作用はレビスマの効果が効いている証です。

いずれの症状も、血の巡りが活発化しているからこそ起こるものといえます。そのため、レビスマの効果が切れると同時に自然と治まることがほとんどです。

ただし、頭痛のような痛みをともなう症状が強く現れたり、レビスマの効果が切れてもなお持続したりといった場合は、すみやかに医療機関で診察を受けることをおすすめします。

レビスマの通販はコチラ

市販薬との併用について

ちなみに、レビスマは市販薬との併用が可能です。

たとえば副作用として頭痛が生じた場合は、ロキソニンをはじめとする鎮痛薬を併用しても問題ありません。どうしても頭痛が気になったり診療時間内に通院できなかったりする場合は、薬局で鎮痛薬を購入して対処するのもおすすめです。

しかし、ロキソニンは胃の状態を荒らす可能性があるので、胃腸が弱い方はさらに胃薬を併用するといった工夫が必要でしょう。

レビスマの重い副作用について

レビスマを服用することで副作用が生じる可能性はあるものの、上述したようにその症状はかなり軽度なものであることがほとんどです。

また、よほど重症化しない限りはレビスマの効果が切れると同時に徐々に自然治癒していくので、医療機関に頼らなければいけないケースもほとんどありません。

しかし、だからといって油断は禁物です。人によってはアレルギー反応や湿疹といった重篤な副作用が出ることもあり、その場合は直ちに医師に相談する必要があります。

こうした重篤な副作用が出ることは極稀ではあるものの、そういったケースも起こりかねないということをしっかり頭に入れておきましょう。

レビスマの併用禁忌薬

副作用として頭痛を発症した際は、ロキソニンのような鎮痛薬を併用してもかまわないことはすでに説明しましたが、だからといってほかの医薬品もすべてレビスマと併用していいわけではありません。

なかには併用することで化学反応を引き起こし、人体に深刻な悪影響を及ぼすリスクを高める医薬品があります。こうした医薬品を「併用禁忌薬」といい、なかには併用することで命に関わるような病気・症状を招くものも確認されています。

レビスマの併用禁忌薬に指定されている医薬品の種類は多く、硝酸剤や一酸化窒素供与剤、抗ウイル薬などが挙げられます。

なかでも併用禁忌薬として有名なのが、心筋梗塞や狭心症の治療薬として用いられることが多い硝酸剤でしょう。レビスマと併用することで相乗効果により、血圧を急激に低下させる可能性があります。場合によっては命を落とす危険があるので、間違っても併用しないように注意してください。

何らかの医薬品を現在進行系で使用しており、それがレビスマの併用禁忌薬かどうかがわからない場合は、自己判断ではなく、まずは医師に相談してみることをおすすめします。

レビスマを服用できない人

レビスマの併用禁忌薬に指定されている医薬品を使用している方だけでなく、そのほかにもレビスマを服用してはいけない方がいます。

たとえば、何らかの心臓病を患っている方はレビスマの服用が禁止されています。レビスマを服用することによって血流が活発になるため、心臓に大きな負担がかかる可能性があります。その結果、症状が悪化し、場合によっては命を危ぶめるリスクが高まります。

また、極端に低血圧な方、治療による管理がされていない高血圧の方も同じ理由で、レビスマを服用することが禁止されています。

そのほか、脳卒中をはじめ、性行為をすること自体が危険と判断されるほど重度の病気を患っている方も、レビスマを服用することができないので注意してください。

まとめ

レビトラと同じ成分を含み、EDに優れた効果を発揮するレビスマですが、必ずしも人体に良い影響ばかりを与えるわけではありません。

正しく服用したとしても何らかの副作用を引き起こす可能性があり、さらにそれが重症化しないとも限りません。

また、服用を禁止されている方が誤って服用してしまうと、EDを治療するどころかさらに健康状態を悪化させることになりかねません。命に関わるほどの大事に至るおそれもあるので、レビスマを服用しても問題ないことを確認したうえで正しく取り扱うようにしましょう。

レビスマの通販はコチラ