バリフの効果や値段、最安値での購入方法を解説します。

更新日:

バリフの効果

バリフ商品画像
バリフ20mg

「できればEDの薬をもっと安い値段で手に入れたい」
EDに悩む人、ED治療薬を実際に買って服用している人なら、1度はそう思ったことがありませんか?当サイトの管理人、広瀬は何度もありました。

何故なら、EDは簡単に治るものではないからです。
「薬を1回飲めば治療完了!」となってくれれば大変助かるのですが、現実はそう簡単にはいきません。
EDを治すには、どうしてもED治療薬の継続的な服用が必要になってきます。

そうなると、頭を悩ませるのがED治療薬の値段です。
1度の購入だけならともかく、何度も買うとなると、どうしたって出来るだけ安い値段で手に入れたいですよね。

そんな方にお勧めなのがED治療薬【バリフ】です。
ED治療薬の中で最も低価格で購入できるバリフは、世界で2番目に開発されたED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。

バリフにはレビトラと同じ成分パルデナフィルが含まれていて、勃起を阻害してしまう酵素PDE-5の働きを抑えてくれます。また、血管を拡張させる効果もあるため、勃起しやすい状態へと促す働きがあります。

つまり値段は低価格でも、その効果はレビトラに全く引けを取らないのです。
さらにバリフは、レビトラの特徴である即効性も持っています。

「即効性のあるものを使いたい」
「できるだけ安い値段で買いたい」
「ちゃんと効果のある薬を使いたい」

という人に最適なのが、圧倒的コストパフォーマンスの良さと効果を併せ持つバリフです。

バリフの値段は最安値

COSTの文字と4つに積み重なった硬貨

多くのED治療薬の中でも絶大な人気を誇るバリフ。
その理由は、最安値で入手できることにあります。
1錠あたり200円以下で購入できるのは、数あるED治療薬の中でもバリフだけです。

わたしがよく利用している通販サイト、お薬なびではバリフが1箱(10錠)1,900円で販売されています。1錠あたり190円で購入できるので、少しでも安くED治療薬を購入したい人にとって、バリフは最もお勧めできます。

さらにバリフは、10mgの服用でも十分に効果を発揮してくれます。
バリフを初めて服用する人にも10mgが推奨されているので、20mgのバリフを購入してピルカッターを使って半分にすれば、1錠190円を2回分利用できます。
つまり1度に使用するバリフの値段は95円となり、100円以下にすることが出来ます。

わたしが愛用しているED治療薬レビスマも値段はかなりお手頃ですが、ピルカッターで半分にカットしても約218円です。100円以下にはならないので、バリフがどれだけお得かよく分かります(苦笑)

「EDの薬は安い値段で買っておきたい」
「いつ治るか分からないから、ストックしておきたい」

という人は、ぜひバリフを検討してみてください。

バリフの効果的な服用方法

手に水と薬を持った男性

バリフは先発薬のレビトラ同様、即効性という特徴を持っています。
早ければ服用して20分~30分以内に効果を感じられるバリフですが、より効き目を実感できる効果的な服用方法を紹介します。

・最初は10mgで十分
・空腹時の服用がベスト
・食後の服用は極力避ける
・お酒を飲むなら1,2杯程度

バリフは1錠20mgですが、半分の10mgでも十分効果を発揮します。
なので、最初は10mgの服用から始めてみてください。
少量からのスタートであれば、副作用が強めに出る可能性も低くなります。

また、バリフは食事の影響を受けにくいですが、十分なED改善の効果が欲しいなら、やはり空腹時に服用するのが1番ベストです。

逆に絶対に避けてほしいのが食後の服用。
食後すぐにバリフを服用してしまうと、食べ物の消化に邪魔をされてバリフの成分が吸収されにくくなってしまいます。

その他にバリフはお酒の影響も受けにくいですが、飲みすぎてしまうと十分な効果が得られません。そのためバリフを服用した時にお酒を飲むのであれば、1~2杯程度に留めておきましょう。

バリフの副作用

手で額を押さえている男性

低価格で購入できるバリフですが、その安さのあまり
「本当にEDに効果があるのか?」「副作用が酷いんじゃ…」と心配する人もいます。

バリフには勃起不全を改善する効果を持つ成分パルデナフィルが含まれていて、この成分は先発薬レビトラと同じ成分です。つまりレビトラと同じ効果を得られるので、EDに効果がないということはありません。

もちろん、副作用が酷いからその分値段が安くなっている、ということもないです。

ただしバリフも薬であることに変わりはないので、以下のような副作用の症状が現れることもあります。

・頭痛
・動悸
・めまい
・鼻づまり
・目の充血
・顔のほてり

これらの症状は、バリフを服用したことによって血管拡張の効果が現れて生じるものです。症状が現れるのはバリフが効き始めた合図でもあるので、あまり気にしなくても大丈夫です。

ただしバリフの持続時間である5~10時間を過ぎても副作用の症状が治まらない、悪化しているという時には、病院で医師に相談してください。

また、体質によってはバリフが合わず、副作用が強く出る人もいます。
副作用の症状が強い場合は服用を中止して、様子を見るようにしてください。

バリフは製造中止が決定

両手で×を示している男性

非常に高い人気を誇るバリフですが、大変残念なことにすでに製造中止となっています。その理由は、薬の特許を巡る問題です。
薬の成分に問題があった訳ではないので、その点は安心してください。

バリフの先発薬であるレビトラには特許期間が存在しており、まだ特許の期間は切れていない状況にあります。通常であれば、薬の特許期間がある内はジェネリック医薬品を作ることは出来ません。

ただしインドでは特殊な特許制度があるため、特許の期間が切れていなくても、先発薬のジェネリック医薬品を作ることが可能なのです。そのため、レビトラのジェネリック医薬品としてバリフは製造・販売が行われていました。

しかし先発薬のレビトラを開発したバイエル社が特許を巡って訴訟を起こしたことで、2017年にレビトラのジェネリック医薬品は製造中止が決定しました。
その結果、バリフも製造が中止となりました。

ただありがたいことに、製造は中止になりましたが販売までは中止されていません。
在庫がある分については販売が続けられているので、バリフを購入することはまだ可能です。バリフが気になっている人は今が購入できるチャンスなので、これを機に入手することをお勧めします。

バリフが購入できる期限について

PCの画面をチェックしている男性

バリフは現在、取り扱いがある通販サイトに在庫があれば購入できるという状況です。そのため「いつまでなら購入できる」とはっりき断言することは出来ません。

しかし人気商品なだけあって、既に取り扱っていない通販サイトも出てきています。なので、購入可能なうちにまとめ買いしておくのが1番良い方法です。

また、先の話にはなりますが先発薬レビトラの特許期間が切れれば、ジェネリック医薬品の製造は可能になります。まだ確定した情報ではないですが、レビトラの製法特許が切れるのは今から4年後の2023年頃と推測されています。

もし推測通り4年後に特許が切れていれば、その時は在庫切れを気にすることなく、またバリフが購入できるようになっているかもしれません。

バリフは通販でのみ購入可能

スマホを見ている笑顔の男性

バリフは日本では未承認の薬のため、病院で処方されていません。
そのため、海外医薬品を取り扱う通販サイトでのみ購入できます。

しかし上述したように、バリフは既に製造が中止されているにも関わらず、人気が衰えていない商品です。むしろ在庫がある今しか手に入らないという状況になったことで、まとめ買いをする人が増えています。

その結果オオサカ堂などの大手サイトではすでに在庫切れ、まだ取り扱いのあるくすりエクスプレスなどのサイトでは、購入はできるものの値段が高めになっています。

そんな在庫切れが起こっている中でも、まだバリフの在庫があり、最安値で購入できるのがお薬なびです。バリフをどこで購入したら良いか迷っている人や、安全に低価格で購入したい人は、1度お薬なびをチェックしてみてください。

わたし自身もよく利用しているサイトですが、「商品が届かなかった」「中身が潰れていた」といった問題もなく、安心して利用できます。

まとめ

スーツ姿の男性

先発薬レビトラと同じ効果を発揮し、ED改善へと導いてくれるバリフ。
さらに1錠あたり190円で購入できるというコストパフォーマンスの良さは、バリフだけが持つ最大の強みです。

ただしもう製造はされていないので、残った在庫を多くの人が求めているのも事実です。もしあなたが低価格でもきちんと効果を期待できるED治療薬を探しているなら、まだ購入できる今が最後のチャンスです。
在庫がなくなってしまう前にぜひバリフを使ってみてください。

ED治療薬は継続的に服用する必要があるため、経済的負担を考えることはとても重要です。わたしもレビトラから愛用しているレビスマに変えた理由は、安く購入できるという経済的なメリットが大きかったからです。

ED治療薬は、高ければ必ず体に合うとは限りません。効果を得られても副作用に悩んでしまうことだってあります。逆に安い値段で購入できるバリフでも、ちゃんと効果を実感できている人は多くいます。

経済的にも身体的にも負担を軽減できるバリフでEDを改善し、あなた本来の自信を取り戻しましょう。